1人当たり医療費

退職後や高齢になって重症化して受診し、入院する人が多いためと考えられます。若いうちから年に1回は定期健診を受診しましょう。