(公社)沖縄県栄養士会


団体・会社概要

名称

公益社団法人 沖縄県栄養士会

代表者

会長  下地 洋子

職員数

560人

理念

沖縄県栄養士会は昭和40年設立、平成2年に社団法人として認可、そしてより公益性の高い職能団体として平成24年4月より公益社団法人へ移行しました。当会は県民一人ひとりの「ちゃーがんじゅうで心豊かな生活を実現したい」との願いに応え、食と栄養の専門職の集う団体として、沖縄に伝わる食文化を踏まえた望ましい食習慣を確立するための支援に関する諸事業をユイマールの心で県民と共に推し進めることを通して、明るい長寿沖縄の再生、公衆衛生の向上に寄与することを目的としております。

主な業務内容

  1. 沖縄県民の食と健康に関する調査・分析・研究、その他の取り組みにより、日々の食生活に役立つ食と栄養に関する知見の形成、県民自らの食生活の改善を確実に導く栄養食事指導の技法の構築、沖縄の食文化を生かしたレシピの開発など、保健・医療・福祉分野における食と栄養の科学と技術の振興を図る事業
  2. 養成段階を含め系統的で体系的な継続教育を行うことにより、専門職業人として高い知見や技能、倫理とともに、沖縄固有の食環境を生かした健康長寿再生への道を提案、実践する力を身につけ、常に県民一人ひとりに寄り添いユイマールの心で支援することのできる管理栄養士・栄養士を育成する事業
  3. 栄養・食生活の改善に関し、県民に開かれた常設的な相談等の窓口の運営、講演会、シンポジウム、展示会の開催、体験学習などを含む社会教育活動の催行、ホームページや刊行物による情報の提供など、地域、学校、職場、その他さまざまな生活の場において県民と広く交流する取り組みを行い、県民が主役となった、ちゃーがんじゅう沖縄づくりを支援する事業
  4. 栄養・食生活の改善に関し、管理栄養士・栄養士・栄養教諭に関する制度の改善にかかる提案、市町村並びに関係団体の協働型ネットワークの構築、優れた貢献の認められる団体・個人の顕彰、その他、食をとおして健康を育む地域をつくる活動の支援など、県民一人ひとりの健全な食生活を支える食環境の整備を図る事業
  5. その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

特色

管理栄養士・栄養士の職業倫理の精神に則り、第4条に掲げる事業を公平かつ適正に運営し、目的の達成と社会的信用の維持及び向上に努めている団体です。

チームワークを高めるために心がけている事など

事業が終わる事に反省会を兼ねて集まることで、更なる情報を共有し、チームワークを高めています。